公益財団法人 がん集学的治療研究財団

一般研究助成事業

これまでの助成者

第 1〜10回
(1980〜1989年)
第11〜20回
(1990〜1999年)
第21〜30回
(2000〜2009年)
第31回〜
(2010年〜 )

一般研究助成者と研究課題一覧 (第21〜30回)

第21回(平成12年度,2000年)

研究者 研究課題
  • 秋山 太
    • 財団法人癌研究会
      癌研究所

乳がんの化学療法感受性予知指標の確立

  • 東 俊文
    • 慶應義塾大学
      医学部

大腸癌細胞転移・浸潤能におけるRho ファミリー低分子量G 蛋白質の役割と診断への応用究

  • 片野 光男
    • 九州大学大学院

胸腹腔内免疫監視システムの再構築による癌性胸腹膜炎治療

  • 小林 国彦
    • 埼玉県立がん
      センター

進行非小細胞肺癌患者における外来化学療法の科学的評価

  • 澤津橋 基広
    • 佐賀医科大学

喉頭癌に対するCO2 レーザー治療を組み入れた集学的治療

  • 高橋 宗春
    • 東京大学医学部
      附属病院

新しいがん治療戦略における次世代造血幹細胞体外増幅法の開発

  • 田原 秀晃
    • 東京大学医科学
      研究所

NK活性を介する癌特異的免疫の誘導を目指したIL-18 遺伝子治療の開発

  • 玉木 長良
    • 北海道大学大学院

がんの治療戦略のための新しい分子イメージング法の開発

  • 辻 晃仁
    • 高知県立中央病院

前腕部留置IVHリザーバー法を用いた外来・在宅癌化学療法の確立と臨床管理体系の構築

  • 中島 格
    • 久留米大学医学部

下咽頭がんの集学的治療に関する臨床病理学的研究

  • 野島 博
    • 大阪大学微生物病研究所

新しいタイプの癌治療システムの開発

  • 松崎 彰信
    • 九州大学医療技術短期大学部

樹状細胞と腫瘍特異抗原ペプチドを用いた小児悪性腫瘍に対するがん免疫療法の確立

  • 村垣 善浩
    • 東京女子医科大学脳神経センター

悪性神経膠腫の局所制御を目指す集学的治療のための基礎的,臨床的研究

  • 山本 博幸
    • 札幌医科大学
      医学部

マイクロサテライト不安定性および細胞外基質分解酵素の発現に基づく 消化器癌集学的治療の研究

  • 若杉 尋
    • 国立がんセンター
      研究所

血管新生分子を標的とする腫瘍の増殖・転移の抑制に関する研究

ページトップへ戻る

第22回(平成13年度,2001年)

研究者 研究課題
  • 秋田 弘俊
    • 北海道大学大学院

「マーカープロフィール・スコアシステム」による肺癌の治療効果予測に関する研究

  • 遠藤 善裕
    • 滋賀医科大学

切除不能消化器癌に対するMR環境下温熱治療システムの開発

  • 鎌野 俊紀
    • 順天堂大学医学部

リザーバーを用いた外来・在宅癌化学療法の有用性の評価(大都市病院での評価項目の検出)

  • 小泉 和三郎
    • 北里大学東病院

切除不能胃癌に対するMulti-Modality Therapy の有用性

−TS-1+cisplatin および Adjuvant Surgery 療法−

  • 黄 政龍
    • 香川医科大学

細胞学的悪性度に基づいた進行期非小細胞肺癌における術後外来化学療法プロトコールの確立

  • 高橋 慶一
    • 東京都立駒込病院

大腸癌切除不能再発例に対する在宅化学療法の確立

  • 高橋 豊
    • 金沢大学がん
      研究所

抗癌剤の分割投与によるTumor dormancy therapy

  • 戸田 正博
    • 慶應義塾大学
      医学部先端医科学
      研究所

選択的複製型ヘルペスウイルスによる癌ワクチン療法の開発

  • 平塚 正弘
    • 大阪府立成人病
      センター

早期胃癌に対するセンチネルリンパ節同定法の開発と縮小手術への応用

ページトップへ戻る

第23回(平成14年度,2002年)

研究者 研究課題
  • 上本 伸二
    • 三重大学医学部

肝細胞癌に対する集学的治療における生体肝移植の適応に関する研究

  • 小野寺 雅史
    • 筑波大学臨床
      医学系

HLA 不適合幹細胞移植を可能にする遺伝子細胞療法の確立

  • 神田 善伸
    • 東京大学医学部

骨髄非破壊的前処理を用いたHLA 不一致同種造血幹細胞移植術による高齢者の造血器腫瘍の治療

  • 弦間 昭彦
    • 日本医科大学

肺非小細胞癌術後再発症例に対するcDNA array guide order-made 化学療法の臨床試験

  • 河野 浩二
    • 山梨大学医学部

消化器癌におけるHER-2/neuを分子標的とした新規免疫療法の開発

  • 杉山 徹
    • 岩手医科大学

プラチナ製剤とタキサン製剤併用療法後の再発卵巣癌に対するCPT-11とOral etoposide 併用療法の効果

  • 楢原 啓之
    • 大阪府立成人病
      センター

光線力学的療法(PDT)に内視鏡的粘膜切除術(EMR)を組み合わせた胃癌の新しい治療法の開発

  • 平井 康夫
    • 財団法人癌研究会
      癌研究所

分子疫学的手法を用いた家族性子宮内膜癌の病態解明と診断治療法の開発

  • 堀口 裕
    • 慶應義塾大学
      医学部

Prostate-specific membrane antigen(PSMA)を標的とした自己末梢血由来樹状細胞を用いた前立腺癌特異的細胞免疫療法

ページトップへ戻る

第24回(平成15年度,2003年)

研究者 研究課題
  • 魚住 公治
    • 鹿児島大学医学部
      附属病院

成人T細胞白血病のQOL改善を目的とした維持療法の無作為化比較試験

  • 河野 嘉文
    • 鹿児島大学大学院

難治性小児白血病における純化末梢血CD133 陽性細胞を用いた新しい移植治療の開発

  • 清宮 啓之
    • (財)癌研究会癌化学療法センター

テロメラーゼ阻害剤による制がんと発がん予防

  • 高山 浩一
    • 九州大学医学部
      附属病院

手術不能Vb/W期非小細胞肺癌に対するパクリタキセルとカルボプラチン併用化学療法の臨床第U相試験

  • 田中 文啓
    • 京都大学医学部
      附属病院

非小細胞肺癌の術前療法としての低用量化学療法の効果とその効果予測因子の検討

  • 中島 淳
    • 慶應義塾大学
      医学部

前立腺癌の再燃・転移におけるNFκB の関与と新しい治療戦略の開発

  • 古谷 和久
    • 愛知県がんセンター

局所進行頭頸部癌に対する超選択的精密動注化学療法併用放射線治療による臓器・機能温存療法に関する臨床研究

  • 星 宣次
    • 山形県立がん・生活習慣病センター

ホルモン抵抗性前立腺癌に対するCDDP,UFT diethylstilbestrol,dexamethasone 併用療法

  • 森 正樹
    • 九州大学生体防御医学研究所附属病院

大腸癌の転移と抗癌剤感受性に関わる遺伝子多型の解析

  • 山本 昇
    • 国立がんセンター
      中央病院

進行・再発非小細胞肺癌に対するゲフィチニブ+ドセタキセルの併用第T相試験

ページトップへ戻る

第25回(平成16年度,2004年)

研究者 研究課題
  • 熊谷 昌明
    • 国立育成医療
      センター

小児ホジキンリンパ腫における晩期障害軽減を目的とした標準治療法の確立

  • 甲能 直幸
    • 杏林大学医学部

頭頸部癌に対する外来化学療法(少量長期投与)開発に関する研究

  • 國士 典宏
    • 東京大学医学部
      附属病院

大腸癌肝転移に対する肝切除後の術後補助化学療法の有効性に関する無作為化比較試験

  • 土屋 弘行
    • 金沢大学大学院

高悪性度骨軟部肉腫に対するカフェイン併用化学療法を用いたテーラーメイド医療

  • 並木 幹夫
    • 金沢大学医学部
      附属病院

早期前立腺癌に対するホルモン療法の有効性に関する大規模臨床試験

  • 萩原 弘一
    • 埼玉医科大学

EGFR 変異の迅速高感度検出法の開発と臨床への応用

  • 長谷川 好規
    • 名古屋大学医学部
      附属病院

FISH 遺伝子多型に基づく層別化を用いた抗がん剤毒性回避のための臨床研究

  • 羽生 大記
    • 大阪市立大学
      大学院

Vitamin K2を用いたウイルス性肝硬変からの肝癌発癌予防に関する検討

  • 林 慎一
    • 東北大学医学部

長期予後を規定する乳癌ホルモン療法の効果予測因子とモニター因子の探索

  • 日野 雅之
    • 大阪市立大学
      大学院

造血器悪性疾患に対する抗癌剤治療に伴う心毒性予防法の開発に関する多施設共同臨床研究

ページトップへ戻る

第26回(平成17年度,2005年)

研究者 研究課題
  • 泉本 修一
    • 大阪大学大学院

悪性グリオーマにおけるWT1発現解析に基づいた至適WT1 ペプチド免疫療法の検討

  • 井上 啓史
    • 高知大学医学部

癌骨転移巣に対するBisphosphonate併用療法確立のための探索的研究

  • 太田 三徳
    • 近畿中央胸部疾患
      センター

HLA 悪性胸膜中皮腫に対する集学的診断治療システムの開発

  • 大東 弘明
    • 大阪府立成人病
      センター

膵癌切除成績向上を目指した安全且つ効率的な補助療法(肝及び局所再発防止対策)の確立

  • 小林 浩
    • 奈良県立医科大学

ヒト羊水・尿由来ビクニンによる副作用のない癌転移抑制療法の確立

  • 佐治 重衡
    • 東京都立駒込病院

乳癌術前治療を用いたホルモン療法の長期予後改善効果予測システムの確立

  • 澤田 明久
    • 大阪府立母子保健
      総合医療センター

小児がんの非寛解例・再発例に対するWT1ペプチド癌ワクチン療法の安全性と有効性の検討

  • 竹内 聡
    • 神戸医療センター

進行子宮頚部腺癌に対するCPT-11weekly 化学療法併用放射線療法第T/U相試験およびCisplatin 併用化学放射線療法とCPT-11weekly 化学療法併用放射線療法の無作為第U相試験

  • 福岡 和也
    • 兵庫医科大学

高齢者もしくはPS不良の切除不能局所進行型非小細胞肺癌に対するビノレルビン少量毎週投与と胸部放射線照射の同時併用療法の有効性と安全性の検討

  • 藤井 正人
    • 東京医療センター

進行頭頸部癌に対する臓器機能温存を目指した集学的治療におけるドセタキセル+シスプラチン+5FU 療法(TCF)による導入化学療法の有用性の検討

ページトップへ戻る

第27回(平成18年度,2006年)

研究者 研究課題
  • 磯本 一
    • 長崎大学医学部・
      歯学部附属病院

癌性狭窄を伴う進行胆管癌患者の延命とQOL改善を目指して
〜gemcitabine と併用した光線力学的療法の新しい試み〜

  • 上野 清伸
    • 大阪府立成人病
      センター

V期非小細胞肺癌に対するシスプラチンとビノレルビンと3D concomitant boost法による放射線治療の同時併用療法の第U相試験

  • 馬屋原 健司
    • 財団法人癌研究会
      有明病院

子宮頸癌に対するCisplatin(CDDP)+Paclitaxel(TXL)のweekly投与を併用するConcurrent Chemoradiotherapy(同時的化学放射線療法)の有用性についての検討(第T/U相臨床試験)

  • 椎名 秀一朗
    • 東京大学医学部
      附属病院

進行癌症例に対する新治療戦略の確立
−IVR・化学療法併用治療の評価

  • 篠浦 伸禎
    • 東京都立駒込病院

悪性脳腫瘍の集学的治療−覚醒下手術による脳機能温存,抗がん剤持続および局所投与による治療効果の増強

  • 新地 洋之
    • 鹿児島大学医学部
      ・歯学部附属病院

手術不能膵癌に対するS-1併用放射線化学療法の臨床第U相試験

  • 高見 昭良
    • 金沢大学医学部
      附属病院

ミコフェノール酸モフェチル(MMF)を用いた難治性移植片対宿主病治療に関する多施設共同研究

  • 細野 亜古
    • 国立がんセンター
      中央病院

転移性ユーイング肉腫ファミリー腫瘍に対する2回の大量化学療法と末梢血幹細胞移植を含む集学的治療の第U相臨床試験

ページトップへ戻る

第28回(平成19年度,2007年)

研究者 研究課題
  • 掛地 吉弘
    • 九州大学大学院
      医学研究院

治癒切除不能な進行・再発結腸・直腸癌に対する4サイクルごとの新規mFOLFOX6とFOLFIRI交替療法の1st-lineにおける有用性の検討
−臨床第U相試験−

  • 粕谷 英樹
    • 名古屋大学医学部

腫瘍溶解性ウイルスによる体に優しい革新的癌治療法の開発とPhaseT/U臨床試験の遂行

  • 新地 洋之
    • 鹿児島大学大学院
      医歯学総合研究科

手術不能膵癌に対するS-1併用放射線化学療法のS-1単独化学療法とのランダム化比較第V相試験

  • 竹島 信宏
    • 財団法人癌研究会
      有明病院

子宮頸癌リンパ節転移症例における術後化学療法の効果
−臨床第2相試験−

  • 松村 保広
    • 国立がんセンター
      東病院

腎毒性の軽減により外来治療可能となったシスプラチン(CDDP)内包ミセルとS-1との併用によるQOLの高い胃がん標準治療を確立するための研究

  • 元雄 良治
    • 金沢医科大学

がん化学療法に伴う疲労感に対する補中益気湯の有用性

  • 吉崎 智一
    • 金沢大学医学部
      附属病院

喉頭癌に対するシスプラチン超選択的動注化学療法と放射線同時併用療法
−抗腫瘍効果と有害事象から見たシスプラチン至適投与量の検討−

  • 渡邊 昌彦
    • 北里大学医学部

胃癌の腹腔洗浄細胞遺伝子診断陽性例における術後補助化学療法の効果に関する検討

ページトップへ戻る

第29回(平成20年度,2008年)

研究者 研究課題
  • 出水 みいる
    • 九州大学病院

高齢者未治療進行非小細胞肺癌に対する隔週ゲムシタビン+カルボプラチン併用療法後のゲムシタビン維持療法に関する無作為化比較臨床第U相試験

  • 高野 晋吾
    • 筑波大学大学院
      人間総合科学研究科

悪性脳腫瘍に対するヒト脳腫瘍由来血管内皮細胞ワクチン治療

  • 恣c 敬義
    • 岐阜大学大学院
      医学系研究科

がん集学的治療体制の整備と拡充に関する研究
−生命倫理・社会医学の視点から

  • 中森 正二
    • 大阪医療センター

子膵癌化学療法における治療効果向上をめざして
−トランスレーショナル・リサーチの結果に基づいた塩酸ゲムシタビン併用化学療法の臨床試験−

  • 長谷川 潔
    • 東京大学大学院
      医学系研究科

初発肝細胞癌(HCC)に対する肝切除とラジオ波焼灼法の有効性に関する無作為化比較試験(RCT)

  • 服部 豊
    • 慶應義塾大学
      薬学部

サリドマイドを用いた、多発性骨髄腫に対する自家造血幹細胞移植後の維持・強化療法

  • 本田 五郎
    • 東京都立駒込病院

切除可能な局所進行膵癌に対する術前化学放射線療法の第T/U相臨床試験

  • 宮田 博志
    • 大阪大学大学院
      医学系研究科

食道癌に対する樹状細胞局所注入を併用した術前免疫化学療法の確立

ページトップへ戻る

第30回(平成21年度,2009年)

研究者 研究課題
  • 東 治人
    • 大阪医科大学

浸潤性膀胱癌に対する「血流閉塞バルーン付カテーテルによる抗癌剤動注(BOAI)+血液透析(膀胱潅流後抗癌剤除去)、および放射線療法:"OMC-regimen"」の治療効果

  • 石川 剛
    • 京都府立医科大学

肝細胞癌に対するラジオ波焼灼療法(RFA)後ナイーブT細胞療法の再発予防効果に関する第U相臨床試験

  • 庄 雅之
    • 奈良県立医科大学

膵癌術後予後向上を目指した新規補助化学療法の確立

  • 楯 真一
    • 千葉大学大学院
      医学研究院

再発卵巣がんに対するゲムシタビン+イリノテカン併用療法 臨床第T/U相試験

  • 谷 眞至
    • 和歌山県立医科大学

切除不能膵癌に対する塩酸ゲムシタビンとVascular Endothelial Growth Factor Receptor 2(VEGFR2)由来エピトープペプチドを併用した免疫化学療法の確立

  • 津田 浩史
    • 慶應義塾大学
      医学部

薬剤耐性再発卵巣癌に対するゲノム薬理学的診断に基づいた個別化医療の開発
−患者に優しい多剤併用療法を目指して−

  • 藤原 義之
    • 大阪大学大学院
      医学系研究科

切除不能進行再発胃癌に対する新たな免疫化学療法の開発

  • 山口 和也
    • 岐阜大学
      医学部附属病院

アジアに於ける抗がん剤を用いたGlobal Inter-group Study の現況と展望に関する研究
−第9回アジア臨床腫瘍学会での取り組み−

ページトップへ戻る