公益財団法人 がん集学的治療研究財団

一般研究助成事業

これまでの助成者

第 1〜10回
(1980〜1989年)
第11〜20回
(1990〜1999年)
第21〜30回
(2000〜2009年)
第31回〜
(2010年〜 )

一般研究助成者と研究課題一覧 (第11〜20回)

第11回(平成2年度,1990年)

研究者 研究課題
  • 秋吉 毅
    • 九州大学生体防御医学研究所

癌化学療法剤による免疫修飾作用を応用した免疫化学併用療法

−インターロイキン2・化学併用療法の試み

  • 安藤 俊夫
    • 愛知県がんセンター研究所

細胞のDNA トポイソメラーゼを標的とした癌の化学療法剤の作用機構と耐性獲得機構に関する分子生物学的研究

  • 小川 秋實
    • 信州大学医学部

進行精巣腫瘍に対する自家骨髄移植併用による計画的大量抗癌化学療法

  • 小熊 信夫
    • 広島大学原爆放射能医学研究所

急性非リンパ性白血病の染色体所見に基づく治療法選択に関する研究

  • 小越 章平
    • 高知医科大学

胸部食道外科への高線量率腔内照射(RALS)の導入に関する研究

  • 加藤 洋
    • (財)癌研究会癌研究所

大腸癌ポリペクトミーの評価に関する病理組織学的基準の確立

  • 木村 幸三郎
    • 東京医科大学

大腸・直腸癌における放射線治療の基礎的研究

  • 河野 公俊
    • 大分医科大学

制癌剤によるヒト多剤耐性遺伝子MDR1 の発現制御

  • 佐治 重豊
    • 岐阜大学医学部

転移性肝癌に対する動注リザーバーを用いた内因性LAK 誘導療法の臨 床効果に関する多施設共同研究

  • 鈴木 敞
    • 山口大学医学部

肝細胞癌に対する新しい複合免疫療法の基礎的ならびに臨床的研究

  • 田中 良明
    • 東京都立駒込病院

各種悪性腫瘍に対する術中照射療法の臨床評価ならびにその適応拡大に関する研究

  • 平井 久丸
    • 東京大学医学部

微量残存白血病細胞の高感度検出法の確立とその臨床応用

  • 藤永
    • 札幌医科大学附属がん研究所

診断と制がんを目的とした子宮頸がんにおけるパピローマウイルスゲノ ムの解析

  • 真崎 規江
    • 大阪府立成人病センター

口腔癌における化学療法併用による放射線治療効果の増強に関する研究

  • 麦島 秀雄
    • 日本大学医学部

小児進行性神経芽細胞腫に対する自家骨髄移植を導入した集学的治療に 関する研究

  • 山内 晶司
    • 名古屋大学医学部

薬剤耐性遺伝子の発現からみた抗癌剤スクリーニングとその消化器癌治 療への応用

  • 山口 俊晴
    • 京都府立医科大学

モノクローナル抗体結合抗癌剤による癌のミサイル療法の研究

  • 由良 二郎
    • 名古屋市立大学医学部

Liposome-Adriamycin を用いた進行消化器癌の肝転移の防止と治療

−特に経門脈的投与による基礎的臨床的検討−

ページトップへ戻る

第12回(平成3年度,1991年)

研究者 研究課題
  • 赤沢 修吾
    • 埼玉県立がんセンター

消化器癌に対するMTX,Leucovorin,Interferon による5-FU の Biochemical Modulation

  • 秋根 康之
    • 国立がんセンター病院

脳腫瘍治療におけるLinac を用いたRadiosurgery の研究

  • 貝原 信明
    • 鳥取大学医学部

肝動脈内持続注入化学療法による大腸癌術後肝転移防止に関する研究

  • 兼松 隆之
    • 長崎大学医学部

細胞認識向上を目的とした多糖被覆リポソームの肝癌選択的化学療法へ の試み

  • 河村 栄二
    • 北里研究所病院

臨床応用を目的とした抗癌剤感受性試験の基礎的ならびに臨床的検討

  • 菊池 潔
    • (財)慶應がんセンター

遺伝子異常からみた,がんの臨床腫瘍学的特性と集学的治療体系応用へ の基礎的臨床研究

  • 木本 安彦
    • 大阪大学微生物病研究所附属病院

インターロイキン2により活性化されたリンパ球を用いた,悪性腫瘍に 対する養子免疫療法の推進

−特に健常人リンパ球を用いて− および同 療法を受けた患者側の免疫動態の解析

  • 葛巻 暹
    • 北海道大学医学部附属癌研究施設

シスプラチン耐性における癌遺伝子の関与とその耐性克服に関する研究

  • 琴浦 良彦
    • 京都大学医学部

骨肉腫の遺伝子診断法の開発と集学的治療法の確立

  • 斎藤 貴生
    • 大分医科大学

食道がん患者における生体防御障害の発生機序とその集学的治療に関す る研究

  • 澤武 紀雄
    • 金沢大学がん研究所

DU-PAN-2 抗原に対する抗イディオタイプ抗体の免疫応答の解析と癌 診断治療への応用

  • 設楽 信行
    • 東京都立駒込病院

悪性神経膠腫初期治療としての選択的動注法を基にした同調化放射線化 学療法の確立と増殖因子膜受容体機構に対応した維持療法の開発

  • 柴田 昭
    • 新潟大学医学部

BCR/ABL 融合遺伝子の導入による白血病化機構の研究

  • 土井 修
    • 大阪府立成人病センター

進行肺癌とくに胸膜播種,胸壁浸潤病巣の局所根治性をめざした温熱化 学療法の開発

  • 奈良 信雄
    • 東京医科歯科大学医学部

悪性腫瘍に対する抗癌剤とサイトカインの併用効果に関する基礎的及び 臨床的研究

  • 西村 孝司
    • 東海大学医学部

癌遺伝子産物をターゲットとした新しい癌免疫療法の開発

  • 山下 純宏
    • 金沢大学医学部

ヒトグリオーマのがん化状態におけるFGF-PDGF システムの異常およ びその抑制機構の解明

  • 吉開 泰信
    • 名古屋大学医学部附属病態制御研 究施設

抗腫瘍防御機構を担うストレス蛋白質反応性T リンパ球の分子生物学的 解析

ページトップへ戻る

第13回(平成4年度,1992年)

研究者 研究課題
  • 阿部 力哉
    • 福島県立医科大学

リンパ節転移陰性(n0)乳癌に対する補助療法の必要性に関する研究

  • 大熨 泰亮
    • 岡山大学医学部

肺小細胞癌の生物学的特性と薬剤耐性に関する知見に基づいた効果的な 化学療法の開発

  • 片山 憲恃
    • 聖マリアンナ医科大学

抗癌剤の持続門脈内注入療法による肝転移抑制の研究

  • 北島 政樹
    • 慶應義塾大学医学部

モノクローナル抗体NCC-ST-421 による癌免疫療法の研究

  • 栗原 稔
    • 昭和大学附属豊洲病院

進行消化器癌・肺癌の集学的Palliative Therapy におけるQuality of Life 調査法の確立と癌治療への応用に関する研究

  • 小池 克郎
    • (財)癌研究会癌研究所

特異的レセプターを介しての肝臓への遺伝子導入法の開発

  • 薗田 精昭
    • 京都府立医科大学

白血病,悪性リンパ腫,化学療法高反応性固形腫瘍における自家末梢血 幹細胞移植術(PBSCT)を用いる超大量化学療法の開発

−サイトカインの効果的応用について−

  • 高見 博
    • 帝京大学医学部

神経内分泌腫瘍に対する抗カルシトニン遺伝子蛋白抗体による診断と治 療に関する研究

  • 武市 紀年
    • 北海道大学医学部附属癌研究施設

T-cell 機能不全を伴うSHR ラットを用いた各種免疫賦活剤および生理 活性物質の抗腫瘍効果の判定

  • 谷村 弘
    • 和歌山県立医科大学

腫瘍浸潤リンパ球を用いた癌の養子免疫療法の確立

  • 土田 嘉昭
    • 東京大学医学部

小児固形悪性腫瘍,特に,神経芽細胞腫におけるN-myc 遺伝子産生蛋白 の臨床的診断的意義に関する研究

  • 戸井 雅和
    • 東京都立駒込病院

ヒト乳がんにおける腫瘍血管新生の基礎的,臨床的評価ならびに血管新 生阻害による新しいがん治療法の開発に関する研究

  • 冨田 幹夫
    • 埼玉県立がんセンター研究所

白血病細胞分化誘導因子(D 因子)の白血病治療への臨床応用に関する 基礎的研究

  • 中村 恭一
    • 東京医科歯科大学医学部

大腸粘膜切除標本における癌組織診断基準の客観化

  • 濱田 洋文
    • (財)癌研究会癌化学療法センター

外科手術摘除後の残存腫瘍を標的とした遺伝子治療法の併用による悪性 脳腫瘍根治治療法の開発

  • 平岡 諦
    • 大阪府立成人病センター

白血病の化学療法と骨髄移植療法の比較

−早期死亡率,長期生存率および医療費について−

  • 平岡 真寛
    • 京都大学医学部

肝癌に対する癌タージェティング温熱療法の基礎的研究

  • 堀 勝義
    • 東北大学加齢医学研究所

各種血管作動物質による腫瘍血流量増減メカニズムの研究

−癌治療の最適条件を設定するための基礎として−

  • 吉田 松年
    • 名古屋大学医学部附属病態制御研 究施設

DNA ポリメラーゼδ,DNA ポリメラーゼε,DNA ヘリカーゼ及びそ れらの制御因子を標的とする新しい制癌物質の開発

ページトップへ戻る

第14回(平成5年度,1993年)

研究者 研究課題
  • 相羽 恵介
    • (財)癌研究会癌化学療法センター

新しい消化器癌化学療法の開発

−フッ化ピリミジン系薬剤の分子薬 理学に立脚した新しい感受性試験・治療方法の開発

  • 池田 恢
    • 国立がんセンター中央病院

新しい高線量率小線源治療の各種がんへの集学的利用についての開発研 究

  • 今村 正之
    • 京都大学医学部

食道癌細胞の遺伝子的生物学的特性に基づいた集学的治療の研究

  • 岡田 全司
    • 九州大学生体防御医学研究所

IL-6 遺伝子導入によるヒト癌に対する遺伝子治療,及び新しい集学的治 療モデルの開発

  • 折笠 精一
    • 東北大学医学部

膀胱機能保存を目的とした浸潤性膀胱がんの集学的治療

−正確な深達度診断と治療効果判定の努力−

  • 菊地 浩吉
    • 札幌医科大学

患者自身の細胞障害性T 細胞(キラーT 細胞,CTL)による癌細胞の免 疫学的破壊機構の証明と癌ワクチン療法の開発>

  • 小柳 知彦
    • 北海道大学医学部

ホルモン非依存性前立腺癌に対するインターフェロン,フッ化ピリミジ ン系抗癌剤UFT の併用療法の基礎的ならびに臨床的検討

  • 杉本 徹
    • 宮崎医科大学

分化誘導によるヒト神経芽腫の治療の基礎的研究

  • 清木 元治
    • 金沢大学がん研究所

膜貫通型機造を持つ新しい細胞外マトリックス分解酵素遺伝子の単離と 癌細胞の浸潤転移における役割の解明

  • 田中 憲一
    • 新潟大学医学部

腫瘍内浸潤リンパ球を用いた上皮性卵巣癌に対する癌免疫療法

  • 直江 知樹
    • 名古屋大学医学部附属病院分院

急性前骨髄球性白血病細胞における染色体転座 t(15;17)の分子生物学 的診断法とレチノイン酸による分化誘導療法の確立

  • 新田 泰三
    • 順天堂大学医学部

バイスペシフィク抗体を用いた悪性脳腫瘍に対する特異的免疫療法に関 する研究

  • 浜口 道成
    • 名古屋大学医学部附属病態制御研 究施設

癌細胞の浸潤・転移を活性化する細胞内刺激伝達系の解析

  • 松崎 靖司
    • 筑波大学臨床医学系

肝細胞癌における集学的治療法

−新しい陽子線治療の適応選択に関する研究

  • 藤本 修一
    • 千葉県がんセンター

核DNA 量分析に基づく新抗癌剤感受性試験開発の試み

(個別化癌化学療法の確立及び新抗癌剤開発への応用をめざして)

  • 柳澤 昭夫
    • (財)癌研究会癌研究所

膵癌の早期発見を目的とした病理学的・分子生物学的研究

  • 山崎 俊樹
    • 島根医科大学

悪性脳腫瘍の集学的治療に関する基礎的ならびに臨床的研究

  • 吉田 操
    • 東京都立駒込病院

早期食道癌の診断と内視鏡的切除法に関する臨床的研究

ページトップへ戻る

第15回(平成6年度,1994年)

研究者 研究課題
  • 岡本 尚
    • 名古屋市立大学医学部分子医学研 究所

転写因子NFkB とがん転移に関する研究

  • 後藤 重則
    • 帝京大学生物工学研究センター

Helper1 T 細胞の誘導をめざした生物学療法の確立

  • 佐藤 忠比古
    • 国立郡山病院

深部臓器癌に対する温熱動注プラス夜間維持化学療法の臨床的研究

  • 佐藤 宏
    • 帝京大学医学部附属溝口病院

血球を対象とするin situ RT-PCR 法の確立と多剤耐性(MDR)白血病細胞同定への応用

  • 嶋田 紘
    • 横浜市立大学医学部

癌患者のcDNA Bank の作製

−癌転移に関する分子生物学的予後因子の検索−

  • 田崎 寛
    • 慶應義塾大学医学部

浸潤性膀胱癌に対する増殖活性を指標とした集学的治療による膀胱温存 治療確立

  • 田中 公夫
    • 広島大学原爆放射能医学研究所

FISH 法による白血病の診断と治療効果の質的判定

  • 中村 剛
    • 長崎大学医療技術短期大学部

症例の不均一性に基づくログランク検定の検出力低下とその対策に関す る推計学的研究

  • 花井 彩
    • 大阪府立成人病センター

地域がん登録において測定した生存率による地域がん医療の評価

−生存率の上昇に対する早期診断の普及と治療方法改善との貢献度の定 量的測定

  • 藤田 潤
    • 京都大学医学部

ヒト肝癌の悪性度の判定に有用なマーカー遺伝子の検索

  • 磨伊 正義
    • 金沢大学がん研究所

胃癌・大腸癌の転移の予知とその対策−各種分子腫瘍マーカーよりの検 討

  • 間野 博行
    • 自治医科大学

骨髄異形成症候群の疾患動物モデルの作成と新しい遺伝子治療法の開発

  • 森 茂郎
    • 東京大学医科学研究所

免疫不全者に発生するリンパ系腫瘍の診断法と腫瘍特異的治療法の開発

  • 柳川 堯
    • 九州大学大学院

臨床試験データ解析において背景因子調整を可能とする Mantel-Haenszel 型推測方式の開発

  • 和氣 徳夫
    • 九州大学生体防御医学研究所

アンチセンスオリゴDNA の癌治療への応用及びその高機能化

ページトップへ戻る

第16回(平成7年度,1995年)

研究者 研究課題
  • 有井 滋樹
    • 京都大学医学部

消化器癌の浸潤・転移関連分子の解析と治療への応用

  • 石川 治
    • 大阪府立成人病センター

膵癌の進展様式の特性に基づいた集学的治療法の開発

−術前照射と術後2チャンネル化学療法−

  • 伊東 恭悟
    • 久留米大学医学部

HLA 拘束性扁平上皮癌特異的癌退縮抗原遺伝子の同定

  • 大川 治夫
    • 筑波大学臨床医学系

ウィルムス腫瘍のセントラルレビューシステムによる病理学的分子生物学的検討

−治療成績の改善をめざして−

  • 小澤 敬也
    • 自治医科大学

難治性白血病に対する遺伝子治療への応用を目指したアデノ随伴ウイル ス(AAV)ベクターシステムの確立

  • 酒井 正彦
    • 京都大学医学部附属病院

動画記録による消化管早期癌の内視鏡治療の開発

−超音波内視鏡と吸引粘膜切除法を基礎として−

  • 佐藤 靖史
    • 東北大学加齢医学研究所

クロトリマゾールによる腫瘍血管新生阻害と抗腫瘍効果

  • 執印 太郎
    • 横浜市立大学医学部

von Hippel-Lindau 病癌抑制遺伝子とHerpes simplex virus ベクターによるヒト腎細胞癌の遺伝子治療の実験的検討

  • 坂井 保信
    • 東京都立駒込病院

新しい抗癌剤感受性試験Subrenal Capsule Assay の臨床導入とそれによる癌化学療法の新しい展開

  • 杉本 芳一
    • (財)癌研究会癌化学療法センター

ヒト多剤耐性遺伝子MDR1 を用いた癌の遺伝子治療のための基礎研究

  • 谷 憲三朗
    • 東京大学医科学研究所附属病院

難治性白血病治療を目的とした遺伝子治療法の開発

  • 多羅尾 和郎
    • 神奈川県立がんセンター

C 型肝硬変症から肝発癌に関する多剤併用療法によるsuper-low-risk 群 (GPT年平均80 単位未満持続群)の設立と,それに基づく肝発癌予防の 試み

  • 松村 保広
    • 国立がんセンター中央病院

便中細胞におけるCD44 バリアント分子の異常発現の検出とその大腸癌診断への臨床応用

  • 三角 順一
    • 大分医科大学医学部

日本および中国の胃癌多発地域における胃癌発生要因に関する国際比較 研究

  • 宮崎 澄雄
    • 佐賀医科大学医学部

乳児白血病の病因の分子疫学的研究

  • 山脇 成人
    • 広島大学医学部

がん患者への精神医学的サポートプログラムに関する研究

  • 吉村 昭彦
    • 久留米大学分子生命科学研究所

サイトカインの情報伝達経路阻害を応用したがん治療に関する基礎研究

ページトップへ戻る

第17回(平成8年度,1996年)

研究者 研究課題
  • 西條 長宏
    • 国立がんセンター研究所

細胞内活性化酵素による抗がん剤の効果増強に関する基礎的研究

  • 神保 孝一
    • 札幌医科大学

悪性黒色腫に対する化学療法,放射線療法,遺伝子療法を用いた集学的 治療法の開発

  • 瀬戸 加大
    • 愛知県がんセンター研究所

悪性リンパ腫の分子病態の研究並びに分子病態に基づく治療方法の基礎 的検討

  • 田中 雅夫
    • 九州大学医学部

膵癌のテロメラーゼと臨床応用

  • 丹後 俊郎
    • 国立公衆衛生院

競合リスク存在下での治療効果の推測法

  • 手島 昭樹
    • 大阪大学医学部

放射線治療の実態調査法(Patterns of Care Study)による最適の治療法の確立

  • 中川原 章
    • 千葉県がんセンター

1 番染色体短腕(1p36)の神経芽細胞腫がん抑制遺伝子のクローニング

  • 野田 哲生
    • (財)癌研究会癌研究所

遺伝性非腺腫性大腸癌モデルマウスにおける発癌過程の解析とその集学的治療法開発への応用

  • 堀井 明
    • 東北大学医学部

膵癌の発生・進展に関与する染色体12番長腕の癌抑制遺伝子の同定

  • 松山 裕
    • 東京大学医学部

多変量生存時間データに対する解析手法の検討

−複数再発と施設間差の解析への応用

ページトップへ戻る

第18回(平成9年度,1997年)

研究者 研究課題
  • 小山 博史
    • 国立がんセンター中央病院

バーチャルリアリティ技術を用いたがん患者の精神心理的支援に関する研究

  • 烏野 隆博
    • 大阪府立成人病センター

同種骨髄移植後の合併する急性GVHD の迅速で簡便な早期診断法の開発とその応用

  • 高後 裕
    • 旭川医科大学

増殖因子受容体からのシグナル伝達経路の阻害による癌治療法の開発

  • 佐藤 昇志
    • 札幌医科大学

ヒト癌拒絶抗原の同定と癌免疫療法の開発

  • 巽 典之
    • 大阪市立大学医学部

造血幹細胞の純化およびex vivo 増幅と造血幹細胞移植における臨床応 用

  • 中島 秀彰
    • 国立病院九州がんセンター

成人T 消化器癌における遺伝子不安定性の意義と臨床応用についての検討

  • 名川 弘一
    • 東京大学医学部

大腸がんに対する放射線療法

−分子生物学的指標を用いた適応決定に関する研究−

  • 登 勉
    • 三重大学医学部

癌細胞に特有な核酸代謝酵素異常を標的とした選択的化学療法に関する研究

  • 萩原 正敏
    • 東京医科歯科大学難治疾患研究所

悪性黒色腫に発現する融合症遺伝子EWS/ATF1 の癌化機構における役割の解明

  • 畠 清彦
    • 自治医科大学

アポトーシスを応用した白血病,悪性リンパ腫の治療の開発

  • 不破 信和
    • 愛知県がんセンター

喉頭癌(声帯癌)に対するレーザーサーミアの臨床応用に関する研究

  • 前谷 俊三
    • (財)天理よろづ相談所病院医学研究所

癌患者の余命は同年代の平均寿命よりどれだけ短く,また治療でどれだけ延びるのか:新しい医療評価法の開発

  • 村井 勝
    • 慶應義塾大学医学部

HLAclassT拘束性腫瘍特異抗原(MAGE)を標的としたcytotoxicT-cell誘導による難治性尿路癌の免疫治療の確立

  • 安元 公正
    • 産業医科大学

非小細胞肺癌患者における腫瘍抗原特異的細胞障害性Tリンパ球前駆細胞の頻度解析に基づく免疫療法の適応の決定

  • 矢守 隆夫
    • (財)癌研究会癌化学療法センター

がん転移の臓器親和性を決定する標的臓器由来増殖因子の解析

ページトップへ戻る

第19回(平成10年度,1998年)

研究者 研究課題
  • 井上 俊彦
    • 大阪大学バイオメディカル教育研究センター

ロボットを使った超小型リニアックによる定位放射線治療

  • 大上 研二
    • 山口大学医学部附属病院

唾液DNA による口腔咽頭癌の診断

  • 大瀧 慈
    • 広島大学原爆放射能医学研究所

治療効果における個体変動を考慮した多変量生存時間データ解析手法の開発

  • 加賀谷 有行
    • 広島大学医学部

がん患者の抑うつの予防と治療に関する精神神経免疫学的研究

  • 河上 裕
    • 慶應義塾大学医学部先端医科学研究所

ヒト癌抗原特異的免疫療法の基礎研究

  • 眞貝 洋一
    • 京都大学ウィルス研究所

テロメア維持の分子機構の解析

  • 高山 哲治
    • 札幌医科大学医学部

ACF におけるGST-π発現の解析とその阻害剤による大腸癌の化学予防

  • 田中 淳司
    • 北海道大学医学部附属病院

造血幹細胞移植におけるAccessory Cells の機能解析とその治療応用に 関する研究

  • 土田 正則
    • 新潟大学医学部附属病院

肺野末梢型細気管支肺胞型腺癌に対する縮小手術の妥当性の検討

  • 野田 政樹
    • 東京医科歯科大学難治疾患研究所

腫瘍細胞の転移と接着におけるオステオポンチンの役割のノックアウトマウスを用いた解析

  • 万代 昌紀
    • 京都大学医学部

卵巣癌細胞のアポトーシス抑制に関与する遺伝子群を標的とした新しい癌化学療法の基礎的研究

  • 向田 直史
    • 金沢大学がん研究所

癌病変部位における,血管新生因子,インターロイキン8の産生調節機構の解析とそれに基づく治療法の基礎的検討

  • 森脇 久隆
    • 岐阜大学医学部

合成レチノイドによる核レセプターを介した癌細胞クローンの排除

  • 吉貴 達寛
    • 滋賀医科大学

移行上皮特異的膜蛋白質ウロプラキンの臨床応用に関する研究

  • 渡邊 武
    • 九州大学生体防御医学研究所

免疫細胞に細胞死を誘導する新たな癌抗原RCAS1 の解明と癌浸潤転移防御への新たな方法の開発

ページトップへ戻る

第20回(平成11年度,1999年)

研究者 研究課題
  • 井上 正樹
    • 金沢大学医学部

テロメラーゼ(hTERT)プロモーターを用いた癌の遺伝子治療の臨床的トライアル

  • 奥野 清隆
    • 近畿大学医学部

肝切除術とInterleukin-2を基礎とした免疫化学肝動注による大腸癌肝転移の集学的治療

  • 河野 文夫
    • 国立熊本病院

慢性骨髄性白血病に対する白血病由来樹状細胞を用いた免疫療法

  • 神奈木 真理
    • 東京医科歯科大学医学系研究科

ヒトT細胞白血病ウイルス感染に対する抗腫瘍ワクチン

  • 久保 敦司
    • 慶應義塾大学医学部

癌の治療効果を予測する核医学的手法の開発

  • 小西 文雄
    • 自治医科大学

大腸癌背景粘膜におけるDNA replicationerror,遺伝子変異,および細胞増殖動体に関する研究

  • 佐藤 博
    • 金沢大学がん研究所

マトリックスメタロプロテアーゼを標的とした診断・治療法の開発

  • 田中 紘一
    • 京都大学大学院

肝移植による進行原発性肝癌治療に関する臨床的研究

  • 中野 修治
    • 九州大学医学部

チロシンキナーゼのシグナル伝達を分子標的とした癌治療の開発

  • 樋野 興夫
    • (財)癌研究会癌研究所

遺伝子発現病(gene expression disease)からみた慢性炎症による肝発癌過程における高癌化状態の分子機構の解明

  • 福本 学
    • 東北大学加齢医学研究所

薬剤耐性形質を発現した腫瘍は臨床的に耐性か,予後に反映するか:ヒト乳癌をモデルとした総合的解析

  • 松村 明
    • 筑波大学臨床医学系

熱外中性子線を利用した悪性脳腫瘍の中性子捕捉療法(α粒子線治療)

  • 山口 佳之
    • 広島大学原爆放射能医学研究所

癌特異的活性化自己リンパ球の臨床応用

  • 吉川 秀樹
    • 大阪大学大学院

骨肉腫に対する術中体外放射線照射自家骨移植術の開発

  • 吉田 知之
    • 東京医科大学

喉頭癌に対する光線力学的療法と放射線療法の併用によるがん集学的治 療法の開発

ページトップへ戻る