公益財団法人 がん集学的治療研究財団

あゆみと活動

現在の活動

財団の主な事業は,次の4つです。

  1. 多施設共同臨床研究(JFMC研究)の実施
    • がんの治療法(化学療法,その他)を主として,がんの臨床に関わる多施設共同臨床研究を自ら企画し,実施しています。他の研究グループからの提案,依頼に基づく研究も受け付けています。

  2. 一般研究助成
    • がんの集学的治療に関する研究(臨床試験として実施可能な臨床研究)を一般から募集し,審査の上,助成金を差上げています。

  3. 臨床試験施設データマネージャー養成事業
    • 治験(製薬企業による)においては,その支援体制としてCRCが養成され活躍されていますが,特に研究者主導の自主的臨床試験においては,データ,スケジュールや書類管理の面から担当医を補佐する職種としての臨床試験施設データマネージャーが必要と考え,その養成事業を行っています。

      (お知らせ)

      財団法人がん集学的治療研究財団における施設データマネージャーの養成は、1998年度から開始し、2007年度まで行ってまいりましたが、2008年度よりデータマネージャーの養成及び認定は日本癌治療学会が行うことになりましたので、財団法人がん集学的治療研究財団では本養成事業を終了することになりました。


  4. 厚生労働科学研究推進事業